沖縄の2大フリーペーパー(be-o・musu-b)が休刊

沖縄の2大フリーペーパー(be-o・musu-b)が休刊する時代の集客方法

コロナ禍と騒がれて早くも1年が経過しました。

その影響は大きく、ついに沖縄を代表するフリーペーパーが姿を消してしまうことになってしまいました。

コンビニなどで「あれ?フリーペーパーを見かけないな、、」と思っていたのですが、休刊していたとは驚きでした。

・bi-o
休刊日 2020年4月27日発刊号で一時休刊
フリーマガジン「be-o」 一時休刊のお知らせ

・musu-b
広告主にはアナウンスがあり休刊が決まったとのこと
休館日 2021年3月27日発刊号で休刊

それにしても、沖縄の2大フリーペーパーが休刊してしまうなんて、本当にコロナは大きく世の中を変えてしまいましたね。。

フリーペーパー依存してきたお店には大きな打撃に。

フリーペーパーで集客に成功していたお店は以外に多くあるようです。

その判断基準としては、継続して掲載しつづけているお店は「広告費よりも利益が大きいから出稿している」と考えることができるでしょう。

フリーペーパーが存続している間は、広告を出せば集客があったので、ビジネスとして成立していたと思いますが、フリーペーパーが休刊してしまうと途端に集客に苦しむ事になってしまいます。

1部の店舗は、HOT PEPPERなどに広告を出すことで集客できるかも知れませんが、その方法はみんなが考えることなので、競争の激化が予想されるようになり、集客がうまくできなくなってしまい店舗も増えることでしょう。

フリーペーパーという媒体で集客してきたお店にとっては、これからの時代は、かなり厳しい日々が待ち受けていると予想されます。

脱フリーペーパーの 集客方法 とは?

フリーペーパーは1980年頃に「無代紙」「無代広告紙」と言われ全国に広がっていきました。

スマートフォンが普及するまでは、フリーペーパーは若者の情報収集の真ん中にあったと言えます。

こんなお店が出来たとか、このクーポンを使ってみようとか、ランチはここに行こうとか、街と人をつなぐことができる、とても重要な存在だったことは間違いありません。

しかし、スマートフォンが普及することで、フリーペーパーの存在価値が徐々に衰退していってしまいました。

フリーペーパー以外から情報を得ることが出来るようになってしまったからです。

さらに言えば、フリーペーパーは月1回の情報更新ですが、スマホで出会う情報は「いま」「ここ」の情報が溢れているので、当たり前ですが、多くの人はフリーペーパーよりも、スマホで得れる情報で行動を決めるようになりました。

例えば、2005年に立ち上がった「食べログ」を筆頭に、紙媒体では出来ない情報量をスマホ経由でどこからでもすぐに得れるからです。

しかし、フリーペーパーはインターネットと共存しながらも、なんとか継続していたのですが、今回のコロナでついに活動を止めてしまうことになってしまいました。

フリーペーパーの休刊は、ユーザーにとってはスマートフォンで情報を得るという代替があるので大きな問題はありませんが、フリーペーパーしか集客方法を持たなかった広告主にとっては、かなり大きな打撃だと言えます。

フリーペーパーが無くなってしまう時代だからこそ、スマートフォンで見つけてもらえる新たな方法が必要だと言えます。

その新たな方法とは、
SNSやブログやホームページです。

特に重要なのがホームページだと断言できます。

フリーペーパーに集客を依存していたお店が 次にするべき集客方法は「スマートフォンで見つけてもらうこと」です。

スマホユーザーを 集客する方法 とは?

フリーペーパーの影響力=集客力が減ってきた最大の理由は「スマホの存在」です。

フリーペーパーで情報を得るよりも、スマートフォンで情報を得るほうが、「質の高い情報」を得れるからです。

ということは、フリーペーパーで集客をしていたお店も、スマートフォンで情報を探している人たちに「質の高い情報」を提供することができれば、スマホユーザーを集客することができるということです。

いまの時代で情報を発信するなら、SNSだと言われているので、SNSだけしかしていないというお店が多いですが、それは本当に多くのお客様を逃していると言えます。

SNSは「知っていただくこと」においては無敵ですが、「集客を決めていただくこと」という点ではホームページに劣るからです。

スマホユーザーを集客するためには、「質の高い情報が掲載されているホームページ」を作成することがあ最善の方法だと言えます。

ホームページで 集客する

ウェブ担当者スクールの詳細

ホームページは要らないという考えている人々の根拠は、
不要ではなく、めんどくさいとか、お金を使いたくないという事情が隠れています。

A:フリーペーパーだけで集客している
B:SNSだけで集客をしている
C:ホームページとSNSで集客をしている

では、Cがベストだと多くの人はわかっているのに、
どうしても二の足を踏んでしまいます。

その理由は、ホームページを作成しようとすると、何十万円ものコストが必要になるし、ホームページを作っても反応があるとは限らないからお金を掛けれないということが理由になっていると思います。

そのお気持ち解ります!

何十万円もかけてホームページを作っても、
反応が無かったら死活問題になってしまいますよね。。

でも、それは、
ホームページを作ってもらった場合の話であって、
自分でホームページを作り改善し続ける場合であれば、ホームページで集客することはそれほど難しいことではありません。

ホームページを作ることで、フリーペーパーに頼らない集客を実現することが可能になります。

いまの時代は、ホームページを作るためのハードルは驚くほど下がっています。

何年か前に、ホームページ作成に挑戦したけれど、難しくて挫折したという人であっても、いまなら問題なく作成できると思います。

それくらい時代は進歩しているからです。

フリーペーパーが無くなってしまう今の時代においては、ホームページを作成して、質の高い情報を得れるようにすることで、集客に繋げることができます。

まとめ

フリーペーパーがなくってこれからの集客をどうしよう、、と思われているかたに読んで欲しくて、こちらの記事を作成しました。

フリーペーパーに依存した集客は、はっきりいえば楽だったと思います。

同じ内容を掲載しつづければ、月に数名はお客様がきてくださるというルーティンを繰り返せば、ビジネスを維持することが出来る。

でも、そのぬるま湯につかっているうちに、いつの間にか時代は変わってしまい、フリーペーパーで集客するというパターンが通用しなようになってしまいました。

その結果、フリーペーパーに広告を掲載するお店が減っていき、ついには休刊になってしまいました。

フリーペーパーに依存しない、いまの時代にあった集客方法を手に入れることが、ビジネスを継続させ、売上げアップにつながる方法です。

ホームページを作るなんて難しくてわからないと決めてつけてしまう前に、沖縄ホームページスクールでホームページの作り方と、ウェブマーケティングを学んでみてください。

想像していなかった売上を得ることに繋がるはずです。

「品質の高い情報を探しているお客様」に、
「品質の高い情報が掲載されているホームページ」をお届けすることで、集客につながってまいります。

出来ないではなく、まずやってみれば、
思っていたよりも簡単に習得できるのがホームページ作成です。

これからの集客をどうしよう、、と未来が不安なかたは、
是非沖縄ホームページスクールで、これからの時代の集客を身に着けてみてください。

沖縄ホームページスクールとは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です